ホームページからトラックバック

何年か前に、日本中のサイトで ゴッゴルという言葉が氾濫したことがありました。
ええゴッゴル です。え?知らない? 安心して下さい。まあ普通の人はほとんど知らないハズですから。もちろん、辞書で調べても載っていないと思います。かく言うワタクシも知りませんでしたし。

で、ググッてみました。 (ググる・・・googleで検索をかける行為)

このゴッゴル と言う言葉を説明するより先に説明すべき言葉があります。それがSEOです。 え?知らない? 安心して下さい。まあ普通の人はまず知らないと思います。辞書で調べても載っていないし、かく言うアタクシも存じ上げませんでしたから。

で、 ググッてみました。 (ググる・・・googleで検索をかける行為)と、なんとなくデジャヴ

SEO(Search Engine Optimization)とは要するに「googleなどのサイト検索の上位に表示されるようにする技術」 だそうです。と言うことでゴッゴルに話を戻しましょう。実はこのSEOの技術を競い合う第 1 回 SEO コンテスト なる大会が催されたのです。そして、記念すべき第一回目のキーワードがゴッゴルだったというわけです。

当時はまだ血気盛んな私は、「よし!一丁参加して、かるく優勝でもしてやろうか」ということでそれなりのページを作ってみました。・・・が、残念ながら100位以内にも入れてもらえませんでしたorz まあ当然といえば当然で、当時の私はSEOなんて技術は知る由も無く、Yahoo!に載せてもらうだけが精一杯というレベルでしたから(汗;;;

今でこそ、ようやく、たとえばながどんで検索すれば結構上の方に来るようにはなりましたが、これはながどんという単語が、一般的でないためです。そもそも普通の人がいきなりながどんという単語をぐぐる事など考えられません。いや、むしろあってほしくありません。ですのでたとえ「ながどん」で上位ランクに入っても、知り合いにこのサイトのURLを教える代わりに「[ながどん]でぐぐって。」と言える以外、何の役にも立ちません。

もっと一般的な言葉、たとえばここで紹介してるかかし伊丹店を「伊丹 弁当 配達」などの一般的なキーワードで検索上位にランクさせようと思ったら、各検索エンジンの癖やなんかを調べて、それに見合った対策をとるといった感じで、Yahoo!ならカテゴリ登録するとか、googleなら当該サイトへのリンクを増やすとか、それなりのコツ・・・というか努力が必要な分けです。
あとhtmlの書き方にも注意が必要で、metaタグを使って

<META content="index,follow" name="robots">
<META content="関連キーワード1, 関連キーワード2, 関連キーワード3, ・・・" name="keywords">
<META name="description" content="ホームページの紹介文">

などを入れておくのは基本かもしれません。

これらのことをクリアしたとしても検索上位に表示されるとは限りません。さらに、Yahoo!などでは商用サイトの登録は有料で、しかも、お金を払ったにもかかわらず登録してもらえるとは限らないという、かなり理不尽な仕組みになっています。

まあそのあたりのテクニックは少し調べればすぐに見つかると思うので割愛するとして、どうやって一般的なキーワードで検索の上位に持って行くのかというと、私の拙い経験上(とSEOの入門書など)では、他サイトからのリンクを増やすという手法が、最も効果的らしいということです。たとえば、メジャーな掲示板や質問サイト、くちこみサイトなどで、サイトに関係する投稿にレスをつける形でリンクを貼るなどが効果的です。暇さえあれば、そのテーマを検索して質問しているスレッドを捜してレスをつけると言う習慣を身につければ多分上がります・・・多分ですが・・・。リンクを張るサイト自体が上位に表示されるサイトであればあるほど、ランクは上がると思います。ですのでとにかく、メジャーなサイトの関連するテーマにばしばしレスしてリンクを張りまくります。ただし、関係ないテーマのスレッドにこれをやると、嫌がられたりスパム行為とみなされたりして、いろんな意味で逆効果なので、気をつけましょう。

その他のリンクの張り方として、最近流行って?いるのは、同様のテーマのブログ記事へのトラックバックです。
しかし残念ながら、通常のホームページにはこのトラックバックの機能がありません。手っ取り早い方法として、自分で無料ブログに登録して、関連する記事にトラックバックし、更にその自分の記事から、ホームページにリンクすると言う方法もあります。これでも多少通用するような気はしないでもないですが、やはり直接のトラックバックの方が何倍も効果的でしょう。

そこで、ホームページからも何とかトラックバックを送信できないものか、たとえばHTMLとJavaScriptだけを使ってトラックバックPINGを送信できないものかと思い、まずはトラックバックの仕組みを調べてみました。

だそうです。 まあ、これなら私でも<form>タグだけで送信できそうです。こんな感じでしょうか?

<form action="http://トラックバックURL" method=post ENCTYPE="application/x-www-form-urlencoded">
自分のサイト名<INPUT type="text" name="blog_name" ><br>
自分の記事の要約<INPUT type="text" name="excerpt"><br>
自分の記事のURL<INPUT type="text" name="url"><br>
自分の記事のタイトル<INPUT type="text" name="title"><br>
<input value="トラックバックする" type="submit">
</form>

ただし、これだとaction=○○の部分は固定なので、新しいトラックバック先に送るたびに、いちいちファイルを変更してやらねばなりません。実に面倒です。で、このトラックバックURLの部分も、JavaScriptを使って入力して送れるようにしたのが・・・おおお、ちょっと時間が無いので、続きはまた次回(いつやねん!)


で、その「次回」となりました(笑)
まず、トラックバックURLを入力するtextboxを作ります。
formの中で入力したURLへ送信するようにJavascriptでformのactionを変更します。
ひとつのボタンで送信したいので、ボタンはsubmitでは無くてbuttonにして、onClkickでJavascriptを実行し、Javascriptの中でsubmitすればいいはずです。
ソースはこんな感じでしょうか?

<script language="JavaScript">
<!--
function SendUrl(URL){
document.TrackbackForm.action=URL;
document.TrackbackForm.submit();
}
//-->
</script>

<form name="TrackbackForm" action="" method="post" ENCTYPE="application/x-www-form-urlencoded">
相手のトラックバックURL<INPUT type="text" name="Url"><br>
自分のサイト名<INPUT type="text" name="blog_name" ><br>
自分の記事の要約<INPUT type="text" name="excerpt"><br>
自分の記事のURL<INPUT type="text" name="url"><br>
自分の記事のタイトル<INPUT type="text" name="title"><br>
<input type="button" value="上記の設定でトラックバックする" onClick="SendUrl(Url.value)">
</form>

以下にコードを実装してみました。

相手のトラックバックURL


自分のサイト名


自分の記事の要約


自分の記事のURL


自分の記事のタイトル

これで、どんなアドレスもトラックバックできます。めでたし、めでたし。(ただし、トラックバックスパム対策を施しているサイトへはできません。)

「知っててどやねん」のトップへ戻る ホームへ戻る

『速効SEOブログ』
エンタープライズパッケージ
株式会社グリーンツリー



☆ SiteTracker 7.5
eBusiness 100プロファイル



☆ 『速効SEOブログ』通常版
for MovableType
MTSB-T001



トショップ・オーナー2
メルマガ販促
P Vista対応版
年間サポート【でんき0404】



ホームページビルダー10
使い方DVD講座 全3巻セット