大きい数

私の高校時代、メモリーなどのデータの容量などを表す単位はKB:キロバイトでした。キロはギリシャ語の 1,000 です。通常はkgなどの様に小文字ですが、コンピュータの世界ではKは2の10乗(=1,024)倍ということでわざわざ大文字で書いて区別している所に、それっぽさを感じたものです。だからマイコン・フリークの中には「キロバイト」ではなく「ケービー」と言う人もいて、それをかっこよく思ったものでした。

やがて単位はMB:メガバイトになります。メガとはギリシャ語で「大きい」と言う意味だったと思います。また、最近のパソコンのハードディスクはその上のGB:ギガバイトが普通に使われています。ギガとは、ギガント、ジャイアント、巨人です。
最近のストレージ専用機に至るや、TB:テラバイトが普通になっています。テラとは怪物というような意味で、テラノサウルスはさしずめ怪物蜥蜴(トカゲ)と言う意味でしょうか。更に後ろにレックスが付くと怪物蜥蜴皇帝なんでしょうか?まさに無敵です。...あ、テラは2の40乗で1兆1千億程度です。

さて、昨日パソコン雑誌を見ているとデータセンターと呼ばれるインターネット上の記憶設備かなんかの記憶容量でPB:ペタバイトなどというものが出ていました。どこまで行くんやと言う感じですが、単位だけで見るとその上にはE(エクザ)、Z(ゼータ)、Y(ヨッタ)とあるそうです。商品名やキャラクター名などで、ここから取ったんやないかと思える様なものもあります。

因みにY(ヨッタ)は、2の80乗で『塵劫記』っぽく書くと「1溝2089穣2581垓9614京」とちょっとです。 #ちょっとって・・・(^_^;)
こう考えるとY(ヨッタ)なんかより「こうがしゃ」とか「あそうぎ」(漢字分からんで、ごめんやす。) の方がずーっと大きいんやと、また別の方面で感心してしまいます。データセンターが地球規模になったときにはY(ヨッタ)の上が無いっちゅーことで、澗、正、載、極、こうがしゃ、あそうぎ、那由多、不可思議、無量、大数が使われるのでしょうか?
でも『1.5不可思議バイト』とか言われても、今ひとつピンと来ないのは私だけでしょうか。

ただし、http://www.sdsc.edu/GatherScatter/gsq394/gsq3_f1.htmlによるとラテンのアルファベットで

> starting with the last letter and moving backwards,

の規則で「prefixes」されるとA(アルファ)まではかなり「long way」で『塵劫記』危うしです。ラテンのアルファベットにはJ、V、Wがないらしいのですが仮に25文字としたら、Z(ゼータ)とY(ヨッタ)が2文字使ってて残り(23+8-2)*3=87で

10の87乗

一方、『塵劫記』は8桁飛び説と4桁飛び説がありますが、前者を支持するとしたら無量大数は
 

10の88乗

で『塵劫記』の方が10倍「long way」ですが、ここまで来るとほとんど差がないと言えます。洋の東西を問わず、人間が想像できる「むっちゃ大きな数」て似たり八分やと言うことでしょうか?

「しっててどやねん」のトップへ戻る ホームへ戻る