ポリって

 読みにくいから戻る

 確か【チューイングガムの作り方】みたいなタイトルやったかがメールマガジンの更に「転送」で回ってきたけど、後の話に都合が良いように要約すると、

「チューイングガムに使われているガムベースというのが『ポリ酢酸ビニル』という高分子で、酢酸ビニルという化学物質が沢山つながっている。『ポリ』って言葉には『たくさん』って意味があって『ポリビニルアルコール』は『ビニルアルコールがたくさんつながっている』という意味だ。」

 と言うことでした。(ガムの話は全部omitしてます。)

で、

(o。o;)えっ、ポリ袋は『たくさんつながった袋』?
しかも、一人だけのお巡りさんは『ポリ』やけど『ポリ』やないんや。
機動隊がジュラルミンの盾構えて一列に並んでる姿こそ『ホンマモンのポリ』か?
?(・_。)?
?(。_・)?

などとボケて、転送してきた○竹君に質問したら

「表現的には『ポリ』って『重合』ってことだから『たくさん』ってのはちょっと違うような・・・。『ポリ袋』はどうか知らんけど、『ポリバケツ』は登録商標らしい。(バケツがたくさんつながってるんやないけど。)」

と、実に中途半端な答えを返してきました。
ものごと何でもメリハリが必要で、突っ込むなら突っ込む、ボケ返すならボケ返す。いわゆる「集中と選択」が大事です。

「ポリプロピレン袋とちゃうの?ウチの製品入れる袋はビニロン(#VF4000)ですぐバリバリになるけど、PP袋は長持ちするが、商品を重ねたとき、よくすべって扱いにくい。」

と他のメンバーが答えたので、チャンスとばかりに、

「 ポリプロピレン袋だけがポリ袋やったら
ポリカーボネード
ポリエステル
ポリエチレン
ポリ塩化ビニル
ワインのポリフェノール
とかの「ポリなんとか」で作った袋がみんな、かわいそーやん。

 とボケたら、今度はすかさず

「『ワインのポリフェノール』そんな袋、なんぼなんでもないやろ?」

 と突っ込んでもらえてホッとしました。

 戻る