■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■
■ ■ 登録の準備と便利なツール ■ ■
■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■


◆セカンドメールの準備

サイトによっては無料のフリーメールなどでは登録できない事もありますが、大量にメールが届くので、通常使うメールアドレスだと仕事や友人からの大切なメールを見落とす可能性があります。
私の場合は、通常使うメールとは別にポイントゲット専用のメールアドレスを使っています。また、この方が後で説明する「自動仕訳」にも便利です。
Yahoo! JAPANHotMail などは、ウェブ上から簡単に登録できるのでお勧めです。
一概には言えませんが、ポイントゲット用のメールアドレスは長い名前(@のまえが10文字以上くらい)にした方が、変なDMが来なくて安全です。入力の手間も、次に説明する様な管理ソフトがあれば心配無用です。

◆振込銀行の口座開設

サイトによっては振込が特定の銀行に限られる場合もあります。また銀行によっては振り込み手数料が差し引かれない場合もあります。そのほかにもいろいろ便利な機能が充実しているインターネット上の銀行がお薦めです。ただし、銀行によっては口座維持手数料なるモノを毎月引き落とされる場合もあるので気を付けましょう。
私のお薦めは口座維持手数料の不要なイーバンク銀行です。まだ口座を開設していない方はこの機会に開設してみては如何でしょうか。

◆IDやパスワードの管理は専用ソフトで

いくつものサイトに登録すると、IDやパスワードの管理が非常に大変です。クリックが必要な場合は、一日50通くらいのメールをクリックし、サイトを開いてIDとパスワードを入力しなければなりません。
私の場合、はじめの頃はメモ用紙に記入していましたが、数が増えてくると目的のサイトのIDとパスワードを探すのに結構時間がかかります。50件のサイトをカバーしたい場合、1件1分としても全部で50分もかかります。これが、管理ソフトを導入する事で1件10秒になれば、10分足らずでその日のポイントを全てゲットし終わります。
そこで、パソコンの登場です。せっかくパソコンを使っているのですから、これを利用しない手はありません。表計算ソフトやワープロなどでもよいのですが、専用のソフトウェアが無料であります。いわゆるフリーウェアってやつです。
私が使っているのは ID Manager と言うフリーウェアで以下のアドレスから入手する事が出来ます。無料ですが非常によくできています。

http://homepage2.nifty.com/woodensoldier/

これを適当なフォルダ(c:\program files\ID Managerなど)を作って解凍し、ディスクトップやタスクバーにショートカットを作ります。
詳しい操作方法を知りたい方は、上記サイトを参照してください。
私の場合はID Managerを起動して、その中に「ポイントサイト」と言うフォルダーを作ってID、パスワード、サイトのアドレス、そのサイトでの自分のハンドル名(ニックネーム)などを記録しています。また、メールを複数持っているのでどのメールアドレスで登録したかなども記録しています。


さて、ここまで準備したら、いよいよ登録です。
次の登録に際しての注意をよく読んで、焦らず慎重に登録して下さい。
戻る← →進む