(2) 変数と演算子

1.変数

変数に値を代入してそれを表示するだけ。
プログラムで使用する変数は必ず var で宣言する。
代入文は一般的な言語と同じで = の右側の数字や文字、変数の内容が左側の変数に代入される。
定数は数字はそのまま、文字列は「"」(ダブルクォーテーション)か「'」(シングルクォーテーション)で囲む。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>1.変数</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--

var A;          //変数Aを宣言
var B =20;       //変数Bを宣言して数字の20を代入
var C;          //変数Cを宣言
C='abcdefg';      //変数Cに文字列’abcdefg’を代入
A=B;           //変数Aに変数Bの内容(数字の20)を代入
document.open();    //これと、最後のdocument.close()を入れないと、ブラウザによっては表示処理が終了しない
document.write('A='+A+'<BR>');   //Aの内容を表示
document.write('B='+B+'<BR>');   //Bの内容を表示
document.write('C='+C+'<BR>');   //Cの内容を表示

document.close()

// -->
</SCRIPT>
<P align="center"><A href="jvs-2.html">戻る</A></P>
</BODY>
</HTML>


 




2.算術演算子による計算

演算子による計算の例。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>2.算術演算子による計算</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--

var A,B,C,D,E,F;                  //変数A〜Fを宣言
A=11;                        //Aに5を代入
B=5;                         //Bに11を代入
C=A+B;                       //CにA+Bを代入
D=A-B;                       //DにA-Bを代入
E=A*B;                       //EにA×Bを代入 かけ算は「*」を使う。
F=A/B;                       //FにA÷Bを代入 わり算は「/」を使う。
G=A%B;                       //GにA÷Bの余りを代入 余りは「%」を使う。
document.open();     //これと、最後のdocument.close()を入れないと、ブラウザによっては表示処理が終了しない
document.write('A='+A+'<BR>');       //Aの値を表示
document.write('B='+B+'<BR>');       //Bの値を表示
document.write('C=A+B='+C+'<BR>');   //Cの値を表示、以下同様
document.write('D=A-B='+D+'<BR>');
document.write('E=A*B='+E+'<BR>');
document.write('F=A/B='+F+'<BR>');
document.write('G=A%B='+G+'<BR>');
document.close();

// -->
</SCRIPT>
<P align="center"><A href="jvs-2.html">戻る</A></P>
</BODY>
</HTML>


 




3.インクリメントとデクリメント

1を足したり引いたりするのがインクリメントとデクリメント。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>3.インクリメントとデクリメント</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--

var A,B;                                     //変数AとBを宣言
document.open();      //これと、最後のdocument.close()を入れないと、ブラウザによっては表示処理が終了しない
A=3;                                       //Aに3を代入
document.write('Aの値が '+A+' とすると<BR>');            //Aの値を表示
B=++A;                                     //Aに1を足してからBに代入
document.write('B=++A とすると B='+B+'   A='+A+'<BR>');  //BとAの値を表示
A=3;
B=A++;                                     //BにAを代入してからAに1を足す
document.write('B=A++ とすると B='+B+'   A='+A+'<BR>');  //BとAの値を表示
A=3;
B=--A;                                     //Aから1を引いてからBに代入
document.write('B=--A とすると B='+B+'   A='+A+'<BR>');  //BとAの値を表示
A=3;
B=A--;                                     //BにAを代入してからAから1を引く
document.write('B=A-- とすると B='+B+'   A='+A+'<BR>');  //BとAの値を表示

document.close(); //これと、最後のdocument.close()を入れないと、ブラウザによっては表示処理が終了しない

// -->
</SCRIPT>
<P align="center"><A href="jvs-2.html">戻る</A></P>
</BODY>
</HTML>


 




4.代入演算子

別の変数との計算結果を元の変数に代入する演算子。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>4.代入演算子</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--

var A,B,C;                             //変数A〜Cを宣言
document.open();      //これと、最後のdocument.close()を入れないと、ブラウザによっては表示処理が終了しない
A=11; B=5;                            //Aに11を、Bに5を代入
document.write('A='+A+'B='+B+'<BR>');         //AとBの値を表示
B+=A;                               //BにAを加える
document.write('B+=AとするとA='+A+'B='+B+'<BR>'); //AとBの値を表示
A=11; B=5;                            //初期値に戻す
B-=A;                               //BからAを引いたものをBに代入
document.write('B-=AとするとA='+A+'B='+B+'<BR>'); //AとBの値を表示
A=11; B=5;                            //初期値に戻す
B*=A;                               //BにAを掛けけたものをBに代入
document.write('B*=AとするとA='+A+'B='+B+'<BR>'); //AとBの値を表示
A=11; B=5;                            //初期値に戻す
B/=A;                               //BをAで割った答えをBに代入
document.write('B/=AとするとA='+A+'B='+B+'<BR>'); //AとBの値を表示
A=11; B=5;                            //初期値に戻す
B%=A;                               //BをAで割った余りをBに代入
document.write('B%=AとするとA='+A+'B='+B+'<BR>'); //AとBの値を表示
document.close();

// -->
</SCRIPT>
<P align="center"><A href="jvs-2.html">戻る</A></P>
</BODY>
</HTML>


 

戻る 進む