磁化水(クラスタ水?)

まえに、ピラミッドパワー+磁石で水道水を活水化させるアイテムが売られてるサイトを見つけた事があったけど、末の娘がアトピーがひどいから、磁気活水器(正式名は知らない、いやあるのか?)の自作を計画しょーと思いたちました。
Googleで「磁石」のみで検索したら、一番上にマグネットワールドっちゅーサイトが出てきました。株式会社二六製作所て言う磁石メーカーさんが運営してます。ラッキーな事に「磁化水」(これも正式名は知らない、いやあるのか?)のリンクとか掲示板とかもあったから、ものごっつー参考にさせて頂きました。
さて、この二六製作所さんで強力な磁石を2個買ぉーて、近所のコーナンでカーステ用のステイ2枚買ぉーて、うまいこと組み合わせたら作れそーな気ぃするけど、ピラミッドはえーとして、磁石の仕組みがも一つ理解できません。
フレミングの右手(やったか)の法則からすると、水流に対して直角に磁界を張らんとあかんから、2枚組の磁石は、NとSを、水道管はさんで向かい合わせるのが妥当かと思いますが、いろいろサイト巡って調べても各メーカー、かなり自分勝手な理論に自己陶酔しきってる様な感じで、結局納得できる様な説明は見つけられませんでした。

ところで、文房具屋とかで売ってる普通の磁石の10〜100倍くらいの、強さのネオジム磁石っちゅーやつ使う予定ですが、25.4mm×25.4mm×12.7mmの磁石で鉄20kg吊れるそうです。直接さわったらむっちゃ体に悪そーです。
おまけに、そんな超強力な希土類磁石の内のいくつかは、「サラダ記念日」の作者のおとーちゃんが発明したらしーです。

フレミングで思い出したけど、集団自殺で有名なレミングっちゅー動物がいてますが、ディズニーの動物実写映画の映像は照明さんや音声さんや大道具さん達が後ろから突き落としとったて聞いた事ありますが、ほんまやったらディズニーえげつないぞ・・・。

興味ないから戻る← →次へ