ハイブリッドなお店

面白くなさそうだから戻る

 いきなりですが、お店の名前って、だいたい「○○酒店」とか「レストラン▽△」みたいに、何を生業としてんのか分かる様に付けるんが一般的なハズです。そうやなくても、例えば「○○商店」みたいに大きいくくりにはなってるはずです。「○○商店」て聞いて、それが旅館やとは誰も思わんやろし。

 でも、そんな「お店」のカテゴリーからはみ出る場合はどうしたらええか?例えばレストランやりもって土産売りもって旅館やってるとことか。観光地やったら当たり前のように立ち並んでます。 まあ、こんな場合やったらさしずめ「○○屋」とかて名乗るんが無難な所やないでしょか?「屋」と言うのは店につけても旅館につけてもおかしない接尾語やし。

 さて、うちの近所に結構ハイブリッドなお店があります。店構えは新しくもなく、かといって老舗にも見えず、交通量の多い道路脇に溶け込むかの様な、やもすれば見落としてしまいそうな佇まいです。そしてよく見るとあることに気付きます。不思議なことに屋号が見あたらへんのです。看板にもテントにも暖簾にも書いてないんです。ただ「何を売っているのか」と「電話番号」だけが、素っ気なく書かれているだけです。

 しかし、私はそこに書かれてる「何を売っているのか」を読んだ瞬間、全てが理解出来た様な気がしました。おそらく「普通ではさほど問題にならなないハズの事」がこのお店には非常に大きな壁となって立ち塞がり、屋号を決める事を断念せざるを得なかったのではないでしょうか?

 屋号を持つと言う夢を諦めざるを得なかった店長?の苦悩が目に浮かぶのは、私だけでしょうか?






戻る

【注意】 文章はジョークであり、屋号はたぶんあります。いや絶対あるはずです。あらんとおかしいです。